Menu

Home

研究概要

研究室紹介

研究発表

Members

Photo Gallery

興味のある方へ

学生実験

>>サイトマップ

>>リンク

>>アクセス

 

生体分子の気相分光

【まとめ】

手法の紹介は以上です。それでは最後に、前節までの内容を踏まえ、三枝研の研究内容をごく簡潔にまとめておきましょう。

 

@ 研究目的

・生体分子の構造を孤立分子レベルで解明する

・そのための手法開発を行う

 

A 研究方法

・二光子共鳴イオン化法を用いた、質量選択的な電子スペクトルの測定

      ⇒ 電子励起状態にかかわる情報が得られます

 

・赤外-紫外二重共鳴分光法を用いた、異性体選択的な振動スペクトルの測定

      ⇒ 基底状態での構造情報が得られます

 

※ ここでは実験に絞って紹介しましたが、量子化学計算も精力的に行っています。

  量子化学計算との対応、という意味でも、孤立気相系での実験は極めて有力です。

 

B 結果の一例

図1. 電子スペクトル

 

 

図2. 振動スペクトル

 

 

<<前へ 目次に戻る 次へ>>

 

----------------------- copyright(c)1996 Saigusa Laboratory All rights Reserved. -----------------------